ホームページを作る時に考えることについて

デザイン性についてのこと

ホームページで考えることはまずは内容ではあるのですが、それをどうやって見せるのか、と言うことが重要になります。つまりは、デザイン性、ということでしょう。これが途轍もなく重要なことになります。言うまでもありませんが、見やすいことが重要なのです。ゆっくりと考えるべきことです。意外と重要であるのが、シンプルであることでしょう。シンプルであれば、どんな人でもわかりやすいことになるからです。それが基本になります。

出来るだけ軽いサイトを

ホームページの基本は出来るだけ軽いことです。つまりは、メモリの負担が重くならないようにするのが基本中の基本になっています。今ではかなりハイスペックなパソコンが増えているのは確かです。その上、通信回線もとてもよくなっていますから、はっきりいってかなり重いサイトでも見ることができるようになっています。それでもやはり意識して軽いサイトを作るようにしたほうがよいでしょう。これはデザイン的なことにも繋がっています。

コンテンツを充実されること

なんだかんだいってもやはり中身が大事になります。コンテンツによって人は集ってくるわけですから、これがかなり重要な要素になるといえるでしょう。むしろ、メインはそれです。はっきりと売りとなるコンテンツを作り出すことです。そして付加価値として、デザインがあります。もちろん、最初の一歩にデザインが大きく貢献してくれる可能性は高いです。ですが、二度目以降はやはりコンテンツの充実によって訪問者を増やせるようになるでしょう。

レスポンシブとは、異なる画面サイズをサイト表示の基準にし、ページのレイアウトを柔軟に調節することを言います。