ライターにとって名前が出る原稿と出ない原稿は大きく違う

名前が出る署名原稿は実績にしやすい

ライターとして雑誌などに記事を書く場合、記事の作成者として名前を出すか、あるいは出さないかのどちらかになります。では、それぞれどういった特徴があるのでしょうか。まず、比較的、経験のあるライターは名前が出る署名原稿を書けることが少なくありません。署名原稿は、第三者に対して誰が書いたのかということがはっきりと伝わるため、ライターとしては実績としてアピールしやすいです。なので、署名原稿が多ければ多いほど、プロのライターとして認識されやすいということになるでしょう。

名前が出ない原稿は気楽に書ける

ただ、署名原稿の場合、記事の中に問題点や間違いがあった場合、責任は当然、ライターがかぶることになります。名前が出ているため、自分は関係ないとごまかすことが不可能なので、非常にシビアといえるでしょう。一方、名前が出ない原稿の場合、実績作りとしては弱いですが、関係者以外、誰が書いた記事なのかはわからないため、問題があっても世間から非難される心配はありません。そういった意味では気楽に書くことができるので、ライターの経験が浅い人には向いているスタイルといえます。

プロとして認められるには署名原稿を書くことが重要

では、総合的にどちらの方がいいのかということですが、ライターとしての将来を考えるのであれば、やはり署名原稿をたくさん書けるに越したことはありません。世間一般にこの人はライターである、あるいは、あの記事を書いたのはこの人であるという風に認められていけば、ライターとしての地位を確立できるからです。ただ、自分がライターであることを人に知られたくない、下手に名前を出して他人に攻撃されたくないというのであれば、名前が出ない原稿の方にメリットがあります。

記事作成内職は非常に人気で子育てをしている主婦や学生、サラリーマン等様々な世代の人が行っています。曜日や時間に関係なく、取り組むことが可能です。