ネットに心を病気にされない様に!誹謗中傷対策

自分を守るために繋がりを切りましょう

ネットでSNSが普及し、誰とでも繋がれる時代になりました。様々な人と手軽に縁を結べる事は素晴らしいですが同時に危険性も含まれています。最大の危険は自分の正体を隠したまま相手に攻撃する事が出来るの事です。そう言う人はネットだから大丈夫と思っています。しかしやられた方は笑いごとでは有りませんよね。即座にブロック等の方法で相手との繋がりを切りましょう。余りにもひどい場合は運営に報告をすると良いでしょう。貴方を害する物にわざわざ付き合う義理は有りません。自分を守るためにしっかりと防衛策を取りましょう。

現実での繋がりを大事にしましょう

ネットで誹謗中傷をされた時、誰か他の人がされているのを見て嫌な気分になった時は周りにいる人に吐き出してしまいましょう。その時はネットで繋がっている相手では無く、現実で信頼のおける相手に話すと良いですよ。疲れる原因の一端には、どこの誰かも分からない未知の相手からの攻撃だと言う事も含まれています。親しい人と顔を見て、少し話をするだけでもかなり心が晴れるでしょう。また、悪意と言うのは思っている以上に心にダメージを与えます。大丈夫だと思っていても1度誰かに吐き出すと良いでしょう。自分も気づかなかった疲れを落とす事が出来ますよ。

気にしすぎないようにしましょう

誹謗中傷を気にしない様にすると言うのは難しい事ですよね。しかし相手はネット上の人物です。相手の現実での姿が事らに分からないのと同じで、相手にもこちらの事は分かりません。自分の事を何も知らない人の言う事を全て受け止めてしまっていては何時か壊れてしまいますよ。「へーそうなんだー」位で流してしまいましょう。ネット上で人を誹謗中傷する人は大抵誰かに当たりたいだけの人です。貴方以外にも同じような文章で攻撃している事が多々有りますよ。そんな適当な言葉は抱え込まないで無視をすると良いです。そして、楽しいネット生活を送りましょう。

検索窓にキーワードを入力した際、検索ワードの候補が表示されます。サジェスト対策をすることで候補を意図的に表示させ、サイトへのアクセスを誘導することが出来ます。