ビットコインのメリット!投機性と実用性のバランス

ビットコインの投機性がそこまで

昔はビットコインの投機性は高かったわけです。ですから、基本的には投機性を目的にやってくれる人がいたわけですが、今ではかなり減っています。ビットコインの最大の目的は新しい通貨となることです。そうしたことが目的になっており、これからは投機性を高めることではなく、流通性を高めることが求められています。つまりは、どこで決済に使えるのか、というのがこれからの普及の具合に影響してくるといえます。これが現在の目標です。

ネットの決済などではかなり使えるように

実際にビットコインがどの程度普及しているのか、といいますと現実世界ではそこまで普及はしていないです。つまりは、リアルな店では使えないわけです。例えばコンビニなどでビットコイン決済などは今の所、ほぼできないわけです。しかし、ネット世界ではかなり普及しているといえます。ネットの決済などでは使えるところが増えています。電子通貨ですから、まずはネット世界から普及していくのは実に当たり前の減少であるといえます。

投機性と実用性の狭間に

投機性が高いことが一気にビットコインの認知度を高めた理由でもあります。しかし、これからはそうしたことではなく、実用性が求められるようになります。さすがに現実の店で現金と同じように使えるようになるのにはかなりのハードルがあります。でずか、ネットでの買い物などにどんどん使えるように普及していくことは期待できます。価値が担保されている、という意味では極めてメリットがあります。資産価値の保存の方法としても期待されています。

ビットコインは仮想通貨として、今後期待の通貨です。期待したいのは、お金の代わりとしてどれだけ使いやすくなるのか見どころだということです。