WEB制作に現場には3つの職種が存在します

WEBプロデューサーはプロジェクトの責任者

WEB制作の監督と言っても良いぐらいの職種が、WEBプロデューサーです。サイトの目標を定めて、顧客と制作するチームの仲介となり、プロジェクトを指揮していく立場になります。そのためプロジェクトの全責任をかけられるので、失敗が許されません。円滑にサイトが完成するように、顧客にどのようなサイトを作ってほしいのかヒアリングしたり、どのようなサイトが顧客にあうのか提案したりします。昔は現場のことを知らなくても務まる仕事でしたが、今ではデザインからシステムまで一通りにスキルを身につけている人材が求められています。それは現場で問題が起きたときに的確な指示をする事が求められるからです。

WEBデザイナーはサイトのデザインを手がけます

WEBデザイナーは名前のとおり、サイトのデザインを制作する職種です。求められるスキルは「HTML・HTML5」や「CSS・CSS3」で、コーディングをしていき、デザインをします。コーディングはプログラムに比べれば簡単なもので、独学でも1年ぐらいで身に付くスキルです。しかしサイトに合う的確な色彩や、ボタンの配置などを制作していくことが求められるので、スキルよりもデザインセンスが重要となる職種と言えるでしょう。

WEBプログラマーはプログラミング技術が必要

WEBプログラマーはサーバー側のシステム構築を担当する職種で、数多くのプログラミングが出来なければ務まりません。Perl・PHP・JAVAなどの言語やMySQLなどのデーターベースなども扱います。サイトでショッピングする場合に、欲しい商品名を検索欄でキーワードに入力して、検索する機能などもプラグラマーによって作られています。サイトが円滑に動作するために設計されたプログラムはプログラマーなしには確立しないでしょう。そのため、数多くの言語プロラムを操作できる事が求められる職種なのです。

web制作において大事なのは、例えばホームページ作成の場合、対象となるブラウザで表示するのであれば、どんな環境、どんなハードウェアでも同一に表示できなければならないということです。